ある日の出来事

もう何年も前のこと

10年近くが経とうとしてるから

時効ということで綴ってみよう


ある日 友人とともに

とある飲食店に出向いた

その友人は そのお店に行ったことがなかったので

せっかくの機会というのもあるしね


オーダーは前菜の盛り合わせにサラダ系

メインに肉料理を頼み さらにパスタも


まずは前菜の盛り合わせでつまづいた

食材管理が悪いのか

その店で作っていないであろう一品が腐敗してた

友人が変な顔をするので 私も口にしたところ

その食材の特徴とは言えない変な味と嫌悪感


ま 盛り合わせの一品なので

その品を無視すれば良いから

その時点で問題とはしなかった


悲劇は さらに追い打ちをかけるのである

前菜の盛り合わせをゆっくり食べつつ

おしゃべりを楽しんでいたところ

サラダにメインに さらにパスタまで一気に持ってくる

フロア担当が「なんか一杯出来ちゃった~」なんて言いつつ


いやそれ

作り手は 食事のスピードを配慮してよ

フロア担当は一気に運ぶことについて 何も感じないのか

我々以外はノーゲストなんだよ


結局 非常に気分の悪い思いをしたうえ

腐敗物まで出されて 他の料理の味も何だかな~

料理を一部残したまま その店は出ました


その足で信頼のおけるお店に向かい

そちらで大変おいしい料理をいただき

素敵な口直しになりましたとさ(笑)


その後 その店には行ってません

当然のことです

食材管理もときに追い付かないこともあるかも

運びが悪い時もあるでしょう

でも そんなところに気づかない店って

そいういう配慮をしてくれない店って

正価を払う客を どう考えているのか

いまだ 疑問は払拭できずにいます

ただなんとなく・・・

あまり深い意味はありません ただなんとなく・・・日々起きる出来事を綴ってみただけ

0コメント

  • 1000 / 1000